コンブチャクレンズ

MENU

コンブチャクレンズの販売店はどこがお得?Amazon・楽天・公式比較!

コンブチャクレンズ

コンブチャクレンズはドラッグストア(薬局)やバラエティーショップといった市販品を取り扱う販売店ででは購入できない“通販限定”の製品です。

 

ここ数年ダイエットドリンクの人気が高まって以来、こういった製品を取り扱う販売店が増えていますが、残念ながらコンブチャクレンズは販売されていないようです。

 

では大手の楽天・Amazonといった通販はどうなのでしょうか?

 

またネット通販サイトでは、取り扱いがある販売店とない販売店があり、現段階では唯一楽天でのみ手に入れることができます。
(Amazon/Yahoo!ショッピングでは取り扱いなし)

 

気になる楽天での販売価格は、公式サイトの“通常価格”と同じ5500円となっていますが、公式サイトが送料無料なのに対して、楽天では全国一律500円がかかってしまうので、少しでも損せずに買いたい方は公式サイトからの購入がお得◎
(このページはすべて税抜価格を記載しています。)

 

また、公式サイトには初回1本分が1950円(66%OFF)になるお得な定期コースも設けられているので、続けることを前提で始める方は一番安く手に入れられる定期コースがオススメです♪

 

【定期コースの詳細】
*最低3回の継続が条件となり、4回目から解約可能。
*2回目以降は通常価格の10%OFFとなり、4回目以降は15%OFF、8回目以降は20%OFFと続けるごとにお得に!
*最初からずーっと送料無料。

 

気軽に始めたい方は通常購入、少しでも安く続けたい方は定期コースというように、好みに合った購入方法をチョイスしてくださいね!

 

 

 

>>Amazon・楽天より激安な販売店!コンブチャクレンズの公式サイトはこちら

 

 

 

コンブチャクレンズの口コミが凄い?

 

酵素ドリンク、クレンズジュースに続く第3のダイエットドリンク“コンブチャクレンズ”。

 

「アメリカ西海岸のセレブ達を中心に乗り換える人が続出中!」と日本でも話題なっているこのドリンクですが、実際に効果はあるのでしょうか?

 

「せっかく飲んでも効果がなかったら意味がない!」
そんな方のためにここでは、コンブチャクレンズの楽天レビューを紹介したいと思います♪

 

@こういう製品は美味しくないものが多くなかなか続かないのですが、こちらは美味しくて続けられそうです!

 

A身体も調子もよくなり、2週間飲んだ頃に知り合いから「痩せた?」 と言われました。
効果ありです。

 

B毎日ではないものの、たまにものすごーくお腹がスッキリすることがあります。
腹痛を起こすようなことは決してなく…。
これがあるからやめられません(笑) 

 

C少し飲まない時期があっただけで、体の調子が悪くなったので再購入しました。

 

Dジュース感覚で飲めます。
とても飲みやすくて美味しいです!!

 

【コンブチャクレンズ:口コミまとめ】
コンブチャクレンズの口コミを見ていると、“美味しい”という声が非常に多いのが分かりました。

 

確かにこういったドリンクは、味がイマイチなものが多いのが難しいところ。
ですが「飲みやすさ」をとことん追求し、サッパリしたマンゴー風味に仕上げられたコンブチャクレンズはそういった方からの支持も厚く、その点が高く評価されているようです◎

 

口コミを見ると、ダイエット効果やお通じ改善効果などを実感された方もいるようなので、試してみる価値はありそうですね♪


コンブチャクレンズに副作用の心配はあるの?

コンブチャクレンズは、これまでに副作用の報告のない安全性の高いデトックスドリンクです。

 

公式サイトに記載されている成分を見ても、副作用が発症する恐れのある成分が含まれていないことが分かるので、その点は安心して良いでしょう◎

 

ですがコンブチャクレンズには“アレルギー”を引き起こす恐れのある素材が含まれているので、食品アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

 

【特にアレルギーが多い食品】
りんご/カシューナッツ/大豆/バナナ/やまいも/ゴマetc.

 

他にもアレルギーを引き起こす可能性がある原材料が使用されているので、不安がある方は必ず確認するようにしてくださいね。

 

またアルコールフリー、合成甘味料フリー、着色料フリーのコンブチャクレンズですが、このドリンクには添加物の一種“安息香酸Na”が配合されています。

 

この成分は防腐効果としての役割があり、リポビタンDやレッドブルなど多くの飲料に使用されているもので、体内に残ることはなく尿と一緒に排出されるものです。

 

そのため、市販されている清涼飲料水を日常的に飲んでいる方なら、コンブチャクレンズに含まれている“安息香酸Na”に過敏になる必要はないかと思います。

 

ちなみにコンブチャクレンズは妊娠中や授乳中でも飲むことができる、安全性の高いデトックスドリンクです。

 

赤ちゃんへの副作用を心配することなく、妊娠中の体重キープや産後のダイエットに利用できるのは嬉しいポイントですね♪

 

コンブチャクレンズは美味しい飲み方って?!

 

コンブチャクレンズはジュース感覚でゴクゴクいけちゃう、マンゴー風味のドリンクです。

 

こういったドリンクは飲みにくいものが多いのが難点ですが、コンブチャクレンズはまったくの別物!

 

楽天レビューを見ても分かりますが、コンブチャクレンズはとっても飲みやすく原液そのままでもいけちゃうくらいのクオリティーなんです♪

 

ちなみにオススメの飲み方は、炭酸水割り。
シュワシュワっとした爽快感のある炭酸水とサッパリしたフルーティーな甘さのコンブチャクレンズとの相性が抜群で、暑くなるこれからの時期にピッタリ(^_-)-☆

 

また炭酸水は、お腹がふくれるので食欲を抑える効果もあってその点でもオススメです◎
しかも0カロリーだから罪悪感なく飲めるのも嬉しいですね。

 

あとは自家製かき氷のシロップとして使うのもお気に入り♪
冷たいものをたくさん食べると体を冷やしてしまうので「絶賛オススメ!」とは言えませんが、美味しさだけを考えて言えば「オススメ」です(笑)

 

もちろん原液をそのままいく豪快な飲み方も良し、無糖のヨーグルトに混ぜて食べるも良し、ミネラルウォーターで薄めるも良し。

 

コンブチャクレンズは本当に美味しくできているので、どんな飲み方でも満足できると思いますよ(*^_^*)

 

 

 

↓コンブチャクレンズの詳細はこちら↓

 

 

 

痩せない?燃え体質はコンブチャクレンズでGET!

食事制限をしてもなかなか痩せないその原因は、“毒素を排出できていないから”かもしれません。

 

ただでさえ食事量が少なくなると便のかさが減ってしまい便秘になってしまいがち。
ダイエット中に食事制限をする場合は、食物繊維や乳酸菌といった腸内環境を整える効果のある食品を積極的に摂ってあげることが大切です。

 

また、極端に脂肪分の摂取を減らしてしまうのもNG。
脂質には便を軟らかく滑らかにする作用があるため、1日の中である程度の脂質を摂るよう心がけることをオススメします。

 

脂質不足はお通じ問題だけでなく、お肌のカサつきをも引き起こしてしまうので美容のためにもオリーブオイルやココナッツオイルなど、体に良い脂質を選んで取り入れるようにしましょう♪

 

ダイエットに必要なのは、“燃えやすい体作りと、“毒素を排出する力”です。

 

「食事を減らしているのに痩せない!」、「痩せないからまた減らさなきゃ!」というような無理なダイエットは、無月経や不妊、骨密度の低下などを引き起こす危険な行為。

 

健康な体をキープするためにも、しっかりと栄養を摂ったバランスの良い食事を心がけてくださいね◎

 

「代謝が悪い」、「体が冷える」、など燃えにくい体質にお悩みの方には、燃焼系のダイエットドリンク“コンブチャクレンズ”がおすすめ!

 

コンブチャクレンズは、燃焼×排出に効果を発揮する2種類の酵母菌と、200種類を超える酵素がギュギュッと詰まったアメリカ発のダイエットドリンクです。

 

食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などお腹スッキリ成分もたっぷり含まれているので、ダイエットサポートにもぴったり♪

 

燃えやすく排出できる体を手に入れたい方は、一度コンブチャクレンズをお試ししてみてくださいね(^_-)-☆

 

【危険】糖質不足はリバウンドを招く?!

無理なダイエットは多くの危険トラブルが潜む危険な行為です。

 

特に最近では「糖質カット」に取り組む人が増えていますが、糖質不足に陥ると体に様々な異常が出ることは覚えておかなければなりません。

 

そもそも糖質制限ダイエットの正しいやり方は、糖質を完全に断つことではなく、糖質の割合を減らし、その分タンパク質や脂質を多く摂るダイエット法です。

 

糖質をすべてカットすることはもちろんですが、糖質を減らした分のカロリーをタンパク質や脂質で補わないのは、もはや自殺行為と言えます。

 

これでは筋肉量もどんどん減少し、お肌もカサカサになり、髪の毛もパサパサになるなど健康面だけでなく、美容面にも悪影響を及ぼしかねないのです。

 

また、糖質不足はリバウンドをしやすい体に変えてしまうということも覚えておかなければなりません。

 

人間のエネルギー源である「糖質」。

 

私たちの体はこのエネルギー源が不足すると、必要な血糖をキープしようと筋肉を分解してアミノ酸に変え、そこから糖質を作り出すよう働きます。

 

つまり、糖質を極端に減らしてしまうと筋肉が犠牲になってエネルギーを作り出そうと働いてしまうのです。

 

これでは筋肉量が減少し、その結果基礎代謝が低下するのは避けられません。

 

ダイエットのカギは「基礎代謝を上げること」です。

 

痩せるために糖質を減らしたのに、逆効果になってしまった…なんていうことにならないよう、極端な食事制限は行わないよう注意しましょう◎

 

治らないその便秘、対処法が間違っているからかも?!

 

お腹に良いと言われる食品を摂ってもなかなか改善されない厄介な「便秘」。

 

実は便秘の原因は人によって異なり、対処法もその原因によって変わってくるのです。

 

あれこれ試しても良くならない…。
そんな方はアプローチの仕方が間違っているからかもしれません。

 

ここでは多くの人を悩ます便秘の原因についてまとめていきましょう◎

 

【便秘の原因と対処法】
@食物繊維の不足
日本人に一番多い“弛緩性便秘”の大きな要因、それが食物繊維不足です。

 

弛緩性便秘は、便を排出するための腸のぜん動運動が十分に行われないために引き起こされるものですが、食物繊維には大腸のぜん動運動を促進する働きがあるため、このタイプの便秘には食物繊維の摂取が非常に有効です。

 

Aストレス
大腸のぜん動運動は、自律神経のひとつである副交感神経がコントロールしています。
人間は強いストレスを受け続けると自律神経のバランスが崩れ、副交感神経の働きが低下し、大腸のぜん動運動が鈍ったり、ぜん動運動が過剰に行われて痙攣を起こしてしまうのです。

 

このタイプの便秘は、食物繊維の摂取や便秘薬の使用は便秘解消の逆効果であるケースが多いので、まずはストレスの緩和や適度な運動に努めることをオススメします。

 

B腸内環境の悪化
便秘を解消するためには腸内環境を整えることが必要不可欠です。
腸内環境を悪化させる“悪玉菌”が増えると腸の働きが鈍り、便秘や下痢を引き起こし、さらには大腸がんのリスクも高まります。

 

日本人は古来から善玉菌が含まれる味噌や納豆などの発酵食品を日常的に食べることで自然に腸内環境を整えてきましたが、最近では欧米化の食生活が定着しつつあるため、腸内環境のバランスが乱れがちな傾向にあります。

 

動物性の脂肪や動物性タンパク質をたくさん摂取してしまうと、悪玉菌の増殖に繋がりますので、ハンバーガーやクリームたっぷりのパンケーキなどを好んで食べる習慣がある人は注意しましょう。

 

C薬剤による便秘
便秘は薬の副作用によって起こる場合もあります。
抗うつ薬や向精神薬、血圧降下剤、抗生物質製剤、ホルモン剤など、実際に便秘を起こしやすいお薬は存在しますので、思い当たる場合は医師に相談してみると良いでしょう。

 

自己判断での断薬や、便秘薬の使用は絶対にNGです。
副作用が出ることも考えられるので、必ず担当医に相談するようにしてくださいね。

 

糖質制限VSカロリー制限!どっちのダイエット法が効果的?!

 

次から次へと新しいダイエット法が誕生するこのご時世。
世の中がどれだけ“ダイエット”に注目しているかが分かりますよね。

 

明らかに「これはどうよ?」と思ってしまうダイエット法もありますが、「これは!」と思えるものもあったりして…、結果はどうであれとりあえずやってみている、という方も少なくないのではないでしょうか?

 

そんなダイエット法の中でも最近特に注目されているのが「糖質制限」ですよね(*^_^*)

 

糖質を減らすだけで大幅な減量効果が期待できる、と実践している人が増加している糖質制限は今最も旬なダイエット法と言えます。

 

そして代表的なダイエット法のひとつである「カロリー制限」。
これも忘れてはならないポピュラーなダイエット法です。

 

「糖質制限」と「カロリー制限」。
一見似ているようで異なるこの二つのダイエット法は一体どちらの方が高い効果が見込めるのでしょうか。

 

今回はそれぞれのダイエット法のメリットとデメリットをまとめていきましょう♪

 

【糖質制限】
<メリット>
*効果が早く出やすい。
*食事のあと眠くなりにくい。
*血糖値の上がり下がりが抑えられる。
*低血糖症状の心配がない。

 

<デメリット>
*炭水化物好きな人には不向き。
*タンパク質・脂質の摂取量を増やすことで内臓に負担がかかるのではという懸念。
*新しいダイエット法であるため、健康影響に関するデータがない。
*食費が増える。

 

【カロリー制限】
<メリット>
*決めたカロリーの範囲内であれば何を食べてもOK。
*安全性が証明されている。
*食事内容によるが、食費が抑えられることも。

 

<デメリット>
*食べ物のカロリーを逐一調べる必要がある。

 

このようにそれぞれのダイエット法にはメリットとデメリットが存在します。

 

ご飯やパンが好きな人であれば食事内容が限られた糖質制限を行うのは精神的にも辛いものがあるでしょうし、目標カロリーを決めてしまうのがストレスになる人もいるでしょう。

 

ダイエットの一番の近道は“自分に合うダイエット法を見つけること”です。

 

続けられる方法を取り入れて、ダイエットを成功させましょう(^_-)-☆